気象病つらいですよね!!

Pocket

 

気象病って知ってますか?

気圧の変化によって体が不調になるやつです。

 

 

気象病ってこんなやつ

気象病っていう症状は最近知られてきたものです。

低気圧が近づいてきたりして、気圧が変化することで引き起こされるあらゆる症状のことを言います。

症状は人によって様々で、頭痛やめまいなどを感じる人が多いようです。

「くっ…古傷がうずくぜ…奴が近くに来ているようだ」なんて人もいるらしいですね。

ちなみに私の妻のはなちょも気象病です。私よりも数枚上手の気象病なので、結構常に気圧の変化にやられています。天気予報よりも、はなちょの頭痛の方が高確率で雨を当てます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

私の症状

私も気象病持ちです。

私の場合は、気圧が下がっていく時に発症します。

雨が降る前とか、台風が来る前ですね。

まず、目の周りを中心に頭が重くなってきます。

「どんより」とか「ずもーん」という感じです。

ちびまる子ちゃんが呆れたりした時に頭に青い線が描かれますが、ずっとあの状態になります。

この時、同時にというか、頭が重いせいか、ものすごく眠くなります。

仕事が終わって帰宅した後、何もできずに寝ることもあります。

そして症状が進行すると、頭痛がひどくなっていきます。

 

気象病の対処法

気象病は、気圧が下がって体内の水分が膨張することによって自律神経を乱すことが原因だなどと言われています。

自律神経を整えるには、栄養のあるものを食べて、睡眠を十分とり、適度な運動をすることが大事です。

つまり、体を丈夫にすることが根本的な解決になります。

ただ、そんなこと言われてもねって感じですよね(笑)

私は、気圧が下がってきて体調が悪くなってきたなと感じたら、すぐさま薬を飲みます。

我慢して日常生活や仕事に支障があるほど悪くなるよりは、体調の変化を少しでも感じた時点で薬を飲んじゃうのが1番だと思います。

ちなみに私は職場に痛み止めのイブを常備しています。

イブを飲むと、頭痛だけじゃなくて、頭のモヤモヤとか眠気も晴れます。

同僚にはロキソニンを常備している人がいます。

ロキソニン派に聞くと、ロキソニンはイブより即効性があるらしいです。

とにかく私の場合、鎮痛薬が気象病に効きます。

 

 

まとめ

 

気象病は地味に辛いです。

天気なんてコロコロ変わりますからね。そのたび体調悪くしてちゃ大変です。

でも実際そういう人がいるんです。結構多いんです。

自分がそうだという自覚がある人も、今まで自覚がなかったけどそう言われてみれば気象病かもしれないと気づいた人も、一緒に頑張って生きていきましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

動画系以外の記事は、隔日午後7時に定期投稿していきます。

感想・意見・指摘などは、コメントに残していただけるとありがたいです。

ツイッターで、ブログの更新情報などお知らせしています。

https://twitter.com/saltramen_book

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

 

Pocket

スポンサーリンク