簡単に友達を100人作るには【世界の大富豪2000人がこっそり教える「人に好かれる」極意】

Pocket

 

 どうも、塩ラーメンです。

 友達を作るのが上手な人もいれば、下手な人もいますよね。

 私は、とても苦手です。

 新しい環境に属したときに、新しい知り合いと仲良くなるのにすごく時間がかかります。

 シャイでオクテなもので・・・

 友達を作るのって、難しいと感じる人は、友達の作り方を知らないだけかもしれません。

 今回は、友達の上手な作り方を、本書の中から紹介します。

 

 

 新しい知り合いと仲良くなるのは、シャイでオクテな私にとっては難しいことです。

 初めて話をするときに、話を弾ませることができればいいのですが・・・

 初対面の人どころか、付き合いのある人とも、話を弾ませることなんてできませんが、私は。

 でも、逆に言えば、話を弾ませる方法があれば、その人との関係を良いものからスタートさせることができて、友達にもすぐになれるかも!

 そこで、本書の中から、その方法を紹介します。

 その方法とは、「相手と共通の趣味を持つこと」です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 考えてみると、今現在仲のいい人も、共通の趣味を持っていませんか?

 趣味とまではいかなくても、ある程度共通のことを楽しめるからこそ、友達として付き合えているはずです。

 

 初対面の人とも、共通の趣味を持っていることがわかれば、楽しく会話ができると思いませんか?

 シャイでオクテな私でも、例えば読書が好きな人と会話するときは、あの本が好きだとか、あの作者がオススメだという話で、結構長い時間話ができます。

 趣味といっても、なにも特別なことではなくても、毎週観ているテレビ番組とか、好きな映画とか、マンガとか、そういうものでもいいと思います。

 

 え?初対面の人の趣味なんて、どうやって知るんだって?

 それは、事前にわかっていなければ、本人に聞くのが一番いいです。

 「趣味はありますか?」

 「テレビは観ますか?」

 「一番最近観た映画ってなんですか?」

 こういったことを聞くことがすでに会話になっていますし、そのあと、共通のなにかを見つけられたら、そのことについてとことん話せば、相当な時間を共有できると思います。

 それに、次回またその人と会った時も、その共通の趣味について話せるので、話題に困りません。

 

 もし、共通のなにかを見つけられなかったら、その人とどうしても仲良くなりたい場合を除き、あきらめていいと思います。

 何も共通のものがない相手と、その後も仲良く付き合うことは難しいわけですから。

 

 どうしてもその人と仲良くなりたい場合は、秘儀「教えてください」を使います。

 趣味を聞きだしたら、そのことについて興味を持ったふりをして(そのうち本当に興味を持ったほうがいいですが)、「教えてください」と言うのです。

 相手は、自分の好きなものについて、教えてくださいと言われれば、上機嫌で話してくれるはずです。

 それが、その後の付き合いにつながります。

 

 このように、友達を作るには、共通の趣味を持つことがとても有効です。

 とにかく友達を増やしたいという場合は、自分の趣味に関するコミュニティーに参加するのがベストです。

 クラブとかサークルのようなものに参加すれば、そこにいるのは、全員、共通の趣味を持つ人なわけですから、次から次へと入れ食い状態で友達が作れますね!♪

 

 この方法は、とてもいい方法だと思いますが、「趣味が無い」という人は使うことができません。

 趣味はなんですか?と聞かれて、即答できるような趣味を、あなたは持っていますか?

 持っていない人も、結構多いかもしれませんね。

 でも、大丈夫。そういう人は、作ればいいだけですから!

 

 友達とか恋人ができなくて悩んでる方、友達や恋人を作るよりまず、すっごくハマれる趣味を見つけましょう。

 趣味ができれば、芋づる方式で友達や恋人もできちゃいます。

 これで、その気になれば、友達100人作ることもできますね。

 私自身は、友達は100人もいらないと思っていますが!

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

感想・意見・指摘などは、コメントに残していただけるとありがたいです。

ツイッターで、ブログの更新情報などお知らせしています。

【https://twitter.com/saltramen_book】

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

 

Pocket

スポンサーリンク