スカイラークの経営戦略にまんまとハマった話

雑記
Pocket

どうも、塩ラーメンです。

先日、新潟市をドライブしていたら、ガストがバーミヤンになっているのを発見しました。

懐かしくなり、つい寄ったのですが、それがスカイラークの罠(?)だったことを知って愕然とした話をします。

(※ 画像はバーミヤンの料理ではありません)

 

 

新潟市にも昔はバーミヤンがあって、結構好きだったので、バーミヤンが復活しているのを見た時は、夫婦そろって興奮しました。

その勢いのまま、その日はバーミヤンで夕食をとることに。

注文した料理が運ばれてくるまでの間、暇だったので、スカイラークの決算資料をネットで読んでいました。

すると、そこには経営戦略の柱の一つとして「業態転換」の文字が。

スカイラークは、収益率の低くなった店舗をグループ内の他のお店に変えることで売上をあげる、という戦略を取っているらしいのです。

つまり、ガストをバーミヤンにしたり、バーミヤンを夢庵にしたり、夢庵をガストにしたり…ということです。

そのように業態転換すると、一時的に売上が50%ほども上昇するのだとか。

ガスト→バーミヤンの転換なら、内装などはほとんど変えなくていいので、新店舗を作るのに比べてものすごく少ないコストで済みます。

そして一般のお客さんからしたら「あ、ここ新しくバーミヤンができたんだね!寄ってみよ!」となるわけです。

僕たち夫婦もまんまとスカイラークの戦略にハマって、2000円ほどの売上に貢献しました。

という、話でした。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

感想・意見・指摘などは、コメントに残していただけるとありがたいです。

ツイッターで、ブログの更新情報などお知らせしています。

https://twitter.com/saltramen_book

それでは、また別の記事でお会いしましょう。


 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました