慕われるリーダーになるために絶対に知っておくべき心得

Pocket

 

組織において、リーダーの立場に立った時、どのように振舞えば、チームメンバーから慕われるでしょうか?

答えは簡単。

誠心誠意、私心を持たずに行動することです。

 

 

かぶる帽子は1つにする

 

これは、ハワード・ビーハーの言葉で、相手によって自分の態度を変えないようにしなさい、ということです。

チームメンバーは、リーダーを観察し、人間性をよく見ているものです。

そんな中で、対応する相手によってコロコロ態度が変わるリーダーを、チームメンバーは信用しません。

リーダーは、強がったり、自分を良く見せようとする必要はありません。

自分らしく振舞っていれば、たとえ弱みが見えても、その人間性を慕ってチームメンバーはついてきてくれるものです。

リーダーは、かぶる帽子を1つにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

自分は偉いと思わない

 

リーダーなると、権限と責任が与えられ、チームメンバーより一段上の偉い立場になったと錯覚してしまいます。

しかし、それはとんだ勘違いです。

リーダーは、チームメンバーより偉いわけではありません。

ただ単にそういう立場にあるだけで、役割が違うだけなのです。

自分はチームメンバーより偉いんだから、チームメンバーより仕事ができて、威厳を持たなければいけない、と考えているリーダーは、尊敬されません。

決して、勘違いして傲慢な振る舞いをしてはいけません。

職級の低い人や立場の違う人にこそ気を配る

本当に慕われるリーダーは、お茶汲みをしてくれるパートの職員や、他企業の受付の社員、掃除をしてくれている業者の従業員などからも、人気があるものです。

そういった人々にも気を配って、日々の感謝を忘れずにコミュニケーションを取っているということです。

 

私心を持つな

 

幕末の維新志士たちの精神的なメンターであり、リーダーであった吉田松陰の言葉に、こういうものがあります。

「私心さえ除き去るならば、進むもよし退くもよし、出るもよし出ざるもよし」

自分のためではなく、周りのため、組織のため、社会のために働いている人には、人がついてきます。

逆に自分のためだけに行動している人の指示を、誰が快く聞くでしょうか?

心から私心を取り除けることが、良きリーダーとなる条件と言えます。

 

まとめ

 

人に慕われるリーダーとは、結局は、他人のために動けるリーダーということになります。

能力なんかは二の次です。

新しくリーダーになって自信がないという人も、難しく考える必要はありません。

誠心誠意、私心を持たずに行動していれば、自ずと人が助けてくれるはずです。

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

動画系以外の記事は、隔日午後7時に定期投稿していきます。

感想・意見・指摘などは、コメントに残していただけるとありがたいです。

ツイッターで、ブログの更新情報などお知らせしています。

https://twitter.com/saltramen_book

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

 

Pocket

スポンサーリンク