ストレスを溜め込まない「不満」への対処法

メンタルヘルス
Pocket

 

他人の言動に「不満」を感じてムカっときて文句を言いたくなることってありますよね。

そういう時、皆さんはどうしているでしょうか?

不満を報復的な言動にして返したり、感情のまま怒鳴りつけたりしてしまっていませんか?

実はそれはあまり良くありません。

そういった不満の正しい対処法について書きます。

 

 

不満は外に出すとむしろストレスになる

 

不満を感じたとき、文句を言ったり、相手がお店の場合ならクレームをつけたりしたことはありますか?

もしあるのなら、その時のことを思い出してみてください。

経験がないという人(そんな人いるかな?)は、そういう場面を想像してみてください。

相手の言動や対応に不満を感じて、胸にモヤモヤとしたものが生じます。

同時に、頭に血が上り、怒りの感情に支配されます。

そして、胸のモヤモヤを吐き出して相手にぶつけるように文句やクレームを言います。

この時あなたは、怒りの感情に支配された頭で「このモヤモヤを相手にぶつければスッキリするはずだ」と考えたと思います。

どうでしょうか?不満を外に出して、スッキリしましたか?

文句を言った瞬間は、少しはスッキリしたような気持ちになったかもしれません。

でも結局、怒りの感情は冷めやらず、胸のモヤモヤもたいして減らなかったのではないでしょうか。

そしてあとあとになってもその時のことを思い出しては、怒りが戻ってきてストレスに感じるのです。

そうです、不満は外に出すとむしろストレスになってしまうものなのです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

大目に見てやる

 

どうすれば良いのかについては、簡単なオススメの方法があります。

大目に見てやる」ことです。

文句を言ったり相手の悪いところを指摘するのは、たしかにその瞬間だけはスッキリするかもしれません。

けれども、そういった行動には多大なエネルギーが必要になるし、あとあと思い出したとき結局苦々しい記憶として残ることは、皆さんも経験された通りです。

いつまでもストレス発生源となってしまいます。

それなら、大目に見てやりましょう。

大目に見てやる」と思いながらやり過ごせば、苦々しい記憶としては残らないものです。

例えば、レストランで下記のことが起こったと想像してみてください。

『自分たちのテーブルの担当が若い新人のスタッフで、注文をとるのも手際が悪く、運んできた料理が別のもので、実際に頼んだ料理を出されるまでかなり待たされた』

こんな時、不満を外に出してしまうと、文句を言ったシーンも含めていつまでも苦々しい記憶として残ってしまいます。

しかし、「新人のようだから仕方ない」と考え大目に見てやれば、あとあとまで尾を引くような記憶としては残りません。

「この店ではあんなことがあったな」程度の印象で、悪い記憶としては思い出さないものです。

 

まとめ

 

不満を感じたとき、それを悪い記憶として残すかどうかは自分次第です。

怒りの感情を表に出しても良いことはありません。

それを知識として知ったあなたは、実際の場面で、他人を許せるでしょうか?それとも許せないでしょうか?

 

参考書籍

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

動画系以外の記事は、隔日午後7時に定期投稿していきます。

感想・意見・指摘などは、コメントに残していただけるとありがたいです。

ツイッターで、ブログの更新情報などお知らせしています。

https://twitter.com/saltramen_book

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

 

Pocket

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました