加齢臭対策の決定版!においの予防に重要なのはしっかり洗うことと保湿すること

Pocket

 

不肖塩ラーメンも30歳となりまして、体臭を気にすることが多くなってまいりました。

30歳を超えると体の老化酸化が進みますから、体臭予防はエチケットとして考えなければなりません。

中年になれば加齢臭は大抵の人が出てしまいます。

しっかりとケアして、周りに迷惑かけないようにしましょう。

 

 

シャンプーは二度洗い

 

お風呂で頭を洗う時、必ず一度しか洗わないという人はいますか?

30超えた中年男性なら、それは非常識です!

一度の入浴でシャンプーは2回しましょう。

そうしないと、脂の出やすくなった中年男性の頭皮は洗いきれません。

ただし、髪の薄い人や薄くなる可能性の高い人などは、強いシャンプーを2回してしまうと負担になりすぎるので、気をつけましょう。

そういうときは、1回目を早めに終わらせたり、1回目のシャンプーはお湯だけの「湯シャン」にするなどの工夫が必要です。

また、シャンプーするときは、髪を洗うのではなく、頭皮を洗うということをお忘れなく。

シャンプーを髪で泡立てるように洗って終わり、という人がいますが、完全に間違いです。

洗うのは「頭皮」です。

頭皮の皮脂を落とさないと洗う意味がありません。

頭皮を揉み込むように洗いましょう。

髪で泡立てるだけの洗い方は、スポンジで食器用洗剤を泡立てただけで皿を洗わずに終えるようなものです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

保湿が大事

 

頭も体全体もそうですが、基本的に肌が乾燥することで皮脂が分泌され、脂っぽい加齢臭が発生します。

「男に保湿なんて必要ないぜ」とお思いのそこのあなた!

実は「男にこそ保湿が必要」なのです。

シャンプー、ボディーソープ、洗顔料などは、保湿力の高いものを選びましょう。

また、入浴後に乳液を使ってケアすることも有効です。

どういう商品を使えばいいか全くわからない人は、奥様や彼女や女性の友達に聞いて教えてもらいましょう。

洗い方にも注意しましょう。

皮脂は取りすぎるとその分出る量も増えるものです。

なので、根こそぎ洗い落とそうとしてゴシゴシ洗うのは逆効果です。

頭は揉むように、体は石鹸を泡立細かく泡立てて優しく撫でるように洗いましょう。

 

サプリで原因成分を抑える

 

皮脂が分泌されるとノネナールというにおい成分が発生します。

これが加齢臭の原因です。

実は、あるサプリを摂取することで、このノネナールの量を抑えられることがわかっています。

そのサプリとは、「コエンザイムQ10」です。

そもそものにおい成分の発生を抑えられるので、加齢臭予防には効果的ですね。

 

まとめ

 

とにかく清潔にしていれば、においはある程度抑えられます。

朝もシャワーを浴びて、1日2回、12時間置きに汗と汚れを洗い流すことをオススメします。

また、においがしてしまうのを100%抑えることは不可能ですので、デオドラント用品を使いましょう。

朝出かける前に「脇、背中、胸」にデオドラントスプレーをかけます。

お昼休憩に汗拭きシートで「首、耳の後ろ、肌の露出している部分全般」を拭きます。

これで、夏場でも周りの人に「くさい」と思われることはなくなります。

特に最近のデオドラントスプレーは優秀ですので、朝から夜までにおいを抑えてくれます。

国民全員が使うこととする法律を作るべきです。

 

参考書籍

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

動画系以外の記事は、隔日午後7時に定期投稿していきます。

感想・意見・指摘などは、コメントに残していただけるとありがたいです。

ツイッターで、ブログの更新情報などお知らせしています。

https://twitter.com/saltramen_book

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

 

Pocket

スポンサーリンク