哲学

哲学

仏が救ってくれるのは死んでからか生きているうちか【親鸞聖人を学ぶ】

信心深くない一般人でも、仏にすがりたい気持ちになることがたまにありますが、仏教において、阿弥陀仏の救いは、「死んだ後」か「生きている時」かを巡って、親鸞聖人と善慧房証空という人が、争ったことがありました。今救われないのでは、あまりありがたくないような気もしますが・・・その争いは、どう決着がついたのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました