心理

人は皆、ブランドに踊らされている【選択の科学】

本書では、私たちが普段”選択”をする時、どれほど有益でない情報等に踊らされているかがわかる調査が紹介されています。ここでは、本書に記載されている調査を3つ紹介します。
心理

やる気を出させる上手なご褒美のあげ方【選択の科学】

自分を奮い立たせたい時、子どもに何かをしてほしい時など、ご褒美をエサにすることがあると思います。「これができたら○○がもらえるから頑張ろう」というふうに。そのご褒美の上げ方について、上手いやり方と効果の出にくいやり方があります。
記憶法

人間が情報を処理する力の限界【ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由】

人間が情報を処理したり意思決定をしたりする能力には限界があり、一度にだいたい7つのことしかできないという法則があります。これを「マジカルナンバー7」といいます。
心理

取り決め婚と恋愛婚とどちらが幸せか【選択の科学】

取り決め婚と恋愛婚とどちらが幸せになれるのか、この疑問に対して、インドで調査が行われました。”選択”という側面から見れば、「取り決め婚(お見合い婚)」=「他者による選択」となり、「恋愛婚」=「自己による選択」となると思います。さて、調査の結果、どちらかがより多く幸せを感じているという結果になったのでしょうか?
哲学

仏が救ってくれるのは死んでからか生きているうちか【親鸞聖人を学ぶ】

信心深くない一般人でも、仏にすがりたい気持ちになることがたまにありますが、仏教において、阿弥陀仏の救いは、「死んだ後」か「生きている時」かを巡って、親鸞聖人と善慧房証空という人が、争ったことがありました。今救われないのでは、あまりありがたくないような気もしますが・・・その争いは、どう決着がついたのでしょうか。
心理

動物園の動物はなぜ寿命が短いのか【選択の科学】

野生のアフリカゾウの平均寿命は56歳ですが、動物園で生まれたゾウの平均寿命は、17歳だそうです。このように、動物園での飼育は、野生より生活条件が良いにも関わらず、寿命を縮めることも多いのです。その原因の一つは、心理的な悪影響、つまりストレスにあるようです。
タイトルとURLをコピーしました