英会話学習はアウトプット型の方が何倍も効果的!【科学的に正しい英語勉強法】

Pocket

 

 どうも、塩ラーメンです。

 英会話学習では、インプット型よりもアウトプット型の方が効果があります。

 英会話の効率的な学習方法を探すため、書店に行ってきました。

 そこで見つけたのが、これです。

 

 

英会話学習に大切なのは、インプットよりもアウトプット

 

 学校の入学試験や資格試験でオススメの勉強方法は、インプット重視の勉強法です。

 過去問題集を、問題文と正解をセットで10回くらい素早く読み、問題文と正解をセットで覚えてしまう方法です。

 これは、試験直前の詰め込みでは効果を発揮します。

 

 ですが、英会話の学習ではこういったインプット重視の方法よりも、アウトプット重視の方法の方が、効果的です。

 インプット重視の方法だと、過去問と同じような問題文で出題される入学試験や資格試験では、答えを思い出すことができますが、柔軟に知識を使うことはできません。

 あくまで、「ある問題文」に対する「その答え」を答えて正解すればいい場合に有用な方法です。

 

 逆に、アウトプット重視の方法は、スピードではインプット重視の方法に劣るかもしれませんが、一度頭に定着したものは、なかなか忘れずに覚えています

 さらに、覚えた知識を、柔軟に使うことができます。

 

 このような性質の違いから、インプット重視の方法より、アウトプット重視の方法の方が、英会話学習には向いているのです。

 

アウトプット重視の学習方法の肝である「想起」

 

 英語学習におけるアウトプット重視の学習方法とは、どういった方法でしょうか?

 それはずばり、「実際に話してみること」です。

 

 まぁ、結局これなんですね。

 語学は、「実際に話してみること」が、習得する最短コースだということです。

 他でもよく言われていることですね。

 

 なぜ、「実際に話してみる」アウトプット学習方法が英語学習に最適かと言うと・・・

 何度も「想起」することで、覚えたことを長期記憶にすることができるからです。

 

 英語が話せる人と、英語で会話すると、一言一言喋るたびに、強制的に「想起」することになります。

 そうやって、会話の中で、何度も「想起」した単語や文章は、忘れにくい記憶として強化されていきます。

 また、「想起」は、思い出せずにうーんうーんと苦しむほど、効果が高くなります。

 「うーんうーん・・・あっ、思い出した!!」

 こうやってひねり出しことは、忘れにくくなります。

 

 語学において、「実際に話してみる」ことが有効だと言われるのは、そのように、他では体験できない頻度と強度で「想起」を繰り返せるからなのです。

 

 

Pocket

スポンサーリンク