英会話学習日記3週目「楽しくていくらでも続けられるリアル英会話」

Pocket

 

 

 どうも、塩ラーメンです。

 英会話学習に、スマホのアプリを取り入れてみました。

 利用しているのは、「Real英会話」というアプリです。

 

Real英会話でオススメの機能とは

 

 リアル英会話には、いくつかの機能がありますが、その中で英会話学習にオススメなのは、「学習」機能です。

 学習機能には、「クイック学習」と「コース学習」があり、好きな方を選べます。

 また、クイック学習では、フレーズのテーマを選択できます。

 「感情」に関するフレーズや「買い物」に関するフレーズなどです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 また、学習方法には、

  • リスニング
  • スピーキング
  • ディクテーション
  • スピードクイズ

 の4種類があります。

 

 クイック学習では、自分が鍛えたい学習方法を選ぶことができます。

 コース学習では、フレーズテーマごとに、アプリが選んだ学習方法で問題が出題されます。

 

スピーキングが楽しい!

 

 日本人が英会話で特に難しいと感じるのは、やはりスピーキングだと思います。

 おかしな発音をしていたら、笑われてしまうのではないか。恥をかくのではないか。

 そういう気持ちが強く、外国人に話しかけられて、ある程度英語で返せるような質問をされても、日本語とジェスチャーで答えてしまいます。私の場合は。

 

 そういう人は、こういった学習アプリのスピーキング機能で勉強するのがオススメです。

 Real英会話の「スピーキング」は、スマホの音声入力で、アプリが発音を判定してれて、正しく言えていなければ不正解になります。

 最初は上手く言えないフレーズも、何度も発音しているうちに、アプリが正しく認識してくれて、正解できます。

 正解できる頃には、なんだか外国人のような英語の発音をしている自分に気づきます。

 それがなんとも嬉しくて、楽しくて、何度でも続けられます

 

 Real英会話の音声認識は、たぶん、甘めです。

 十分な発音ができていなくても、正解にしてくれていると感じます。

 なので、初心者にオススメです。

 実際、発音がそこまでしっかりしていなくても、簡単なフレーズなら伝わるそうです。

 日本人は真面目ですし、間違った発音をしていることをひどく怖がりますから、しっかりしていない発音ではダメだと思う人もいるかもしれません。

 ですが、私の場合、英語の教師になりたいわけでもありませんし、完璧に習得することを目指しているわけではありません。

 英会話を学習している人のなかで、日常会話ができるくらい、あるいは英語の本が読めるくらいの語学レベルを目指して勉強している人はたくさんいると思います。

 その程度のレベルを目指す場合、発音は「伝わればいい」レベルでいいはずです。

 なので、割り切って、Real英会話で認識してくれればそれでOKと思いましょう。

 

フレーズを聞き流し勉強法

 

 Real英会話には、フレーズを自動再生してくれる機能もあります。

 日本語と英語を交互に読み上げてくれます。

 なので、画面を見ずに、フレーズの勉強ができます。

 通勤中など、イヤホンで聞き流しておくだけで、フレーズが頭に入ってきます。

 それだけでは、習得してスピーキングにそのまま使えるレベルにはなりませんが、あとで学習モードで勉強するときに、聞いたことのあるフレーズはスムーズに覚えることができます。

 

 ぜひ、Real英会話で勉強するときは、聞き流し勉強法も試してみてください。

 

Real英会話には使えるフレーズがいっぱい

 

 Real英会話には、英語の教科書に出てくるような、「あれは冷蔵庫ですか?」「いいえ、彼女はナンシーです。」のような文章フレーズは出てきません。

 カジュアルなものから、フォーマルなものまで、実際のシーンで話しそうな生きたフレーズがたくさん収録されています。

 それも、Real英会話の魅力です。

 定型文は喋れるけど、ちょっとくだけた言い方で返されるともうどう言っていいかわからなくなる、という方にもオススメです。

 

 以上、最近使い始めた「Real英会話」という英会話学習アプリの紹介をしました。

 これから、海外ドラマを観るだけでなく、このアプリでも勉強していきたいと思います。

 

 

Pocket

スポンサーリンク