英会話学習日記2週目「ビッグバンセオリーシーズン3」

Pocket

 どうも、塩ラーメンです。

 英会話の学習を始めて2週間経ちました。

 相変わらず「ビッグバンセオリー」を観て勉強しています。

  もうシーズン3まで観ました。

 ビッグバンセオリーを観ていると、テイクアウトのご飯が食べたくなります。

 主人公たちが、曜日ごとに何を食べるかを決めていて、タイ料理やピザなど、よく食べているシーンがあるからです。

 それを観ていると、お店で食べたほうが美味しいとは思いつつも、真似して、お持ち帰りして食べたくなっちゃいます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 たった2週間、海外ドラマを字幕版で観ているだけなのですが、洋楽や英語のラジオをきいてみると、なんとなく聞き取れるようになっていると感じます。

 集中してリスニングを鍛える勉強法は強力ですね!

 

 ビッグバンセオリーで、「pretty」と「great」を言い直すシーンがあります。

 中学英語レベルの語彙力で考えると、次のとおりとなります。

 「pretty」は「かわいい」

 「great」は「すごい」

 この違いとは、どういうことなのでしょう?

 

 どうやら、「pretty」には、程度を表す意味もあるようです。

 そして、「pretty」が表す程度には幅があります。

 「pretty good」と言うときに、「すごくいいよ」という意味にも、「まぁまぁいいよ」という意味にも取れるとのことです。

 そのことを理解して観直すと、そのシーンにまた違う印象を感じられるかもしれないですね。

 

 日本語にも多くあるように、英語にも、文脈や声のトーン、表情とセットでなければ、本当の意味が伝わらない言葉があります。

 そういった微妙なニュアンスを持つ言葉について学ぶのにも、海外ドラマを観て勉強するのはとてもいいです。

 毎週、海外ドラマをごり押しするブログになってしまっていますね(笑)

 

 私は、マーベルの映画が好きで、ほとんど観ているのですが、今までは全部吹き替え版で観てきました。

 アイアンマンのトニー・スタークの声とか、かっこよくて好きです。

 ですが、今度観るときは、字幕版で観てみようと思っています。

 マーベルのヒーローたちは戦いながらでも冗談を言い合ったりしているのですが、そういうセリフをどういう風に言いまわしているのか、気になります。

 

 今後も、「ビックバンセオリー」を観て、勉強を続けたいと思います。

 See you again.

Pocket

スポンサーリンク