初心者による初心者のための初心者フォートナイト講座「装備編」(PS4)

Pocket

 初心者が、同じ初心者に、初心者なりに上手にプレイする方法を提案する第3弾。

 今回は、装備編になります。

 

 

 フォートナイトでは、武器やアイテムを合計5つまで持っておけます。

 武器には、近距離用や遠距離用があったり、連射できるものや単発のものがあったりします。

 アイテムには、体力を回復するものや、要塞を築けるもの、相手に投げつけて使うものなど様々あります。

 

 

スポンサーリンク

 

 初心者の方は思うのではないでしょうか?

 「たくさん武器やアイテムがある中で、いったいどれを装備しておけばいいのだろうか?」と。

 そんな疑問にお答えするべく、私がプレイしていて「これはいらん」と思った経験や、上手な人のプレイを見ていて、「だいたいこういう武器をみんな使っているな」という情報をもとに、オススメ装備を考えてみました。

 フォートナイトでは、武器やアイテムを拾うときが、他プレイヤーに狙われやすく危険ですから、一瞬の判断で、どの武器を装備しておくのか決めなくてはいけません。

 それにはやはり、「最初から何を持つか、優先順位を決めておく」ということが大切です。

 今まで、特に何も考えずに、その場その場で強そうな方を選んだり、気分で決めていた初心者の方は、この方針をしっかり定めておくだけで、だいぶ違うと思います。

 いつも使う武器が決まっていれば、そのウェポンマスタリー(武器習熟度)が上がりやすいですし、とっさの時に自分がどの武器を持っているのかで迷うこともなくなります。

 

 下記では、5つの装備枠に持っておくオススメの武器・アイテムを紹介しますが、その順番も重要です。

 というのも、その5つの装備枠から、どの武器・アイテムを使用するのかは、その場その場で違うわけですが、その使用したい武器を選択するのに、並びが決まっているほうが、選択しやすいからです。

 例えば、私は、一番左の枠にショットガンを入れておくことをオススメしますが、そうしておけば、急に近距離で他プレイヤーと出くわした時、装備枠をいちいち確認しなくても、一番左の枠がショットガンだとわかっているので、武器選択のタイムロスをほんの一瞬ですが、減らせるのです。

特にショットガンの撃ち合いになったときは、相手に先に撃たれて、それがヘッドショットになり、1発で勝負が決まってしまうことがあるので、ほんの一瞬の差が命取りになります。

 というような理由から、装備枠の順番も、下記のとおりではなくても、自分なりに決めておいた方が良いと思います。

 

 

装備編1「ショットガン系」

 

 装備枠の一番左、最初に装備しておきたいのは、ショットガン系です。SGと言ったりしますね。

 ショットガンは、近距離で最強の武器です。最初にバスから降りたあと、最優先で拾いたい武器です。ショットガンを持っている多プレイヤーと近距離で出くわしてしまうと、勝てる確率はだいぶ低くなってしまいます。

 他にも、近距離用の武器で、サブマシンガン(SMG)がありますが、ショットガンかサブマシンガンかで選ぶなら、断然ショットガンがオススメです。

 なので、枠が埋まっていない序盤戦以外では、サブマシンガンは拾わなくていいです。

 拾わないものを決めておくことも、スマートにプレイするためには必要なことです。

 

 ショットガンには、タクティカルショットガンとポンプショットガンがあります。

 簡単に言うと、タクティカルは連射が早いけどダメージが小さい。ポンプは連射が遅いけどダメージが大きい。という違いになります。

 これは、好みがあるので、どちらを選んでもいいです。初心者には、タクティカルが扱いやすいかもしれません。弾が広範囲に広がるので、多少狙いが甘くても当たります。連射も早いので外してもカバーが効きます。

 ちなみに私は、ポンプを好んで使っています

 近距離のショットガン対決になったとき、ショットガンは1~2発で勝負が決まることが多いので、連射ができることがあまり魅力に感じないことと、タクティカルよりも弾の広がりが狭いため、ヘッドショットになりやすい感覚があるからです。

 

装備編2「アサルトライフル系」

 

 装備枠の2番目、左から2番目には、アサルトライフル(AR)系を装備します。

 アサルトライフルは、中距離から遠距離まで使えて、ショットガンがないときは近距離でもそれなりの威力を発揮する万能プレーヤーです。

 今はライトマシンガンやミニガンなどがありますが、真面目に勝ちを狙いにいくときは、アサルトライフル系一択です。ミニガンとか、たまに使うと楽しいですけどね(笑)

 

 アサルトライフルには、ただのアサルトライフルとバーストアサルトライフルがあります。

 アサルトライフルは、攻撃ボタンを押している間ずっと等間隔でダンダンダンダン‼と発射されるのに対し、バーストは、攻撃ボタンを1回押すごとに、高速で3発ダダダン‼と発射されます。

 バーストは、アサルトライフルと比べ、1発のダメージ量も少ないですし、DPS(1秒あたりのダメージ量)を見ても、アサルトライフルに劣るため、基本的にアサルトライフルの方がオススメです。

 私は、レア度の高いバーストがあっても、アンコモン(レア度が一番低い)のアサルトライフルを選びます

 

 また、スコープ付きアサルトライフルという武器もありますが、特に使いやすいわけでもなく、1発のダメージ量がアサルトライフルと変わらないのに連射ができないため、正直使えないと感じます。拾う必要はないと思います。

 このゲームは、射程圏内にいる相手とは、アサルトライフルで十分に戦えるので、スコープ付きの必要性がほとんどありません。

 

 ちなみにアサルトライフルは、紫レアのエピックと金レアのレジェンダリーの場合、SCARという種類のアサルトライフルに鬼化けします。

 SCARは、DPS(1秒あたりのダメージ量)が200を超えるので、1秒で1人倒せる、伝説の幻の最強の勇者の昔の元カノの前の彼氏だった友達のヨリを戻した後ののろけ話を聞くときくらいのやばいマジやばみー的な無理ぽよな武器です。

 

装備編3「スナイパーライフル系」

 

 装備枠の3番目、真ん中には、スナイパーライフル(SR)系を装備します。

 スナイパーライフルは、スコープを覗くと遠くを見れるため、遠距離攻撃には最適ですし、索敵にも使えます。

 初心者のうちは、ほとんど当てられないので、あまり重宝しませんが、一応装備しておきます。いつ何時必要になるかわかりませんし、最初の一発に使うとたまに当たったとき嬉しいです。

 ヘッドショットなら体力シールドとも全快の相手でも1発で沈められるので、当てる技量があれば鬼のような武器です。初心者には、関係ない話ですね。

 

 スナイパーライフルには、ハンティングライフル、セミオートスナイパーライフル、ボルトアクションスナイパーライフルがあります。ここに書いた順番で、重要度が上がっていきます。

 

 まずハンティングライフルは。もはや拾わなくてもいいレベルです。他のスナイパーライフルに比べズーム性能が低いため、たいして遠くまで見れませんし、ダメージ量も、中途半端。連射もできないので使いづらいです。

 次にセミオートスナイパーライフルですが、ズーム性能が良いので、遠くの索敵に使えますが、ダメージ量が低く、ほとんど牽制にしか使えません。ボルトアクションに比べ、連射ができる強みがありますが、連射ができたところで、初心者にはそもそも当てる技術がないので、無意味です。

 最後にボルトアクションスナイパーライフルです。装備したいのは、このボルトアクションスナイパーライフルです。ボルトアクションのため、連射は全くできません。1発撃ったら別の武器に変えたほうがいいです。しかし、ダメージ量がとても高く、上に書いたように、ヘッドショットならどんな相手も一撃です。

 

 スナイパーライフルが見つからないとき、リボルバーやハンドキャノンを装備しておくのもありです。

 射撃圏内なら、アサルトライフルよりも1発もダメージ量が大きいリボルバー・ハンドキャノンは、最初の1発の牽制の役目を十分果たしてくれます。

 

装備編4「爆発物系」

 

 爆発物系は、建物を壊したいときに重宝します。

 相手が要塞に入って戦っているときなど、まず爆発物で壁をはぎ取って、無防備な敵を狙う戦法です。

 また、建物の中で、階下に他プレイヤーがいる場合なども有用です。

 

 爆発物として持っておきたいのは、グレネード<グレネードランチャー<ロケットランチャーです。

 リモート爆弾やくっつき爆弾は、使えるときは使えますが、やはり爆発物の主流は上の3つだと思います。

 

 グレネードは、手投げのため、ランチャーと比べ遠距離の攻撃は苦手ですが、近中距離ならば、良い働きができます。

 また、建物内などで、階下の敵を狙う戦法も、使えます。

 しかし、やはり、ランチャーに比べて、対要塞攻撃能力は低いため、拾わない選択もありです。

 もし終盤、爆発物系がグレネードしかなかったら、対要塞攻撃能力確保のため、ミニガンやライトマシンガンに持ち替えてもいいと思います。

 

 グレネードランチャーは、グレネードを発射できる武器です。

 距離を考慮して発射しないと、弾は落下していくので、当てづらい武器です。

 もしグレネードランチャーを拾ったら、初心者は惜しみなく、死ぬ前に使って練習しておきましょう。

 

 最後に、ロケットランチャーは、対人殺傷能力・対要塞攻撃能力ともにトップランクの、武器の王様的存在です。見つけたら、必ず拾っておきましょう。

 ロケットランチャーを持っているかいないかで、優位性が全然違います

 

装備編5「回復・シールドアイテム」

 

 装備枠の5番目、最後の装備は、回復・シールドアイテムです。

 やはりどうしても初心者は、敵を倒せても、一度撃ち合うと自分の体力もだいぶ削られてしまいます。

 その状態で、次の戦闘を初めてしまうと、ほとんど勝てる可能性はなくなります。

 つまり、回復・シールドアイテムが必須なのです。

 

 回復アイテムとシールドポーション、どちらをその1枠で持っておくべきなのか、なかなか難しいところです。

 上手な人たちも、それぞれだし、時と場合によるという感じです。

 基本的には、シールドポーションを持っておく方がいいと思います。ダメージを受けた時に先に減るのはシールドポーションですからね。

 ちなみに、初心者は、惜しみなくMAXになるようにアイテムを使っておきましょう。体力75の状態で医療セットを使うのを渋っていると、大変なことになりますよ。

 体力75では、ポンプショットガンなどで1発で倒されますが、MAXなら1発は耐えられますからね。その1発に耐えられることがとても重要です。

 

 以上、装備編では、装備するアイテムを決めておきましょうということと、オススメの武器の紹介・説明をしました。

 ここで名前を出さなかったピストルやクロスボウは、上記の編成に入れる余地がないので、拾わなくていいです。

 ポケットフォートやブギーボムも、使うと面白いし結構有用なアイテムですが、枠が埋まってきたら、無理に持つほどのものでもないと思います。

 通常持っておく装備を決めておくということが重要で、そこに、たまに持つアイテムが紛れていても、初心者は、それを使おうという余裕を持つことがまずできませんし、使おうとして頭の処理能力を割くと、ほかがおろそかになって結局上手くいきません。

 便利アイテムを活用するのは、撃ち合いなどに余裕が生まれてきてからでいいのです。

 初心者は、基本を大事にしましょう。

 

操作設定編

 心構え編

 撃ち合い編

Pocket

スポンサーリンク