フォトリーディングできる人に初めて会った!!

Pocket

 この前、フォトリーディングができる人を初めて実際に会いました!

 フォトリーディングとは、速読の一種で、読むというより、ページをまるごと写真を撮るように覚えてしまうことだそうです。

 そんなこと人間に可能なのかと疑ってしまいますよね。

 何を隠そう、私も信じてはいませんでした。そんな魔法かロボットの機能みたいな話は・・・

 でも、本当にそういうことができる人がいるんですねぇ。驚きました。

 

 私が出会ったのは、ある研修会の講師の方です。

 その方は、受講生がグループワークの発表をするのを聞いて、

 「人前で話す時は、『えー』とか『あのー』とかの雑音は極力言わないようにした方がいいですね。あなたは、自分が一番多く言ってしまう口ぐせはなんですか?」

 と、その発表をした受講生に聞きました。

 「多分、『えー』ですかね」

 受講生がそう答えると、講師さんは少し間を置いて、

 「そうですね。先ほどの発表で『えー』は15回出ていましたね」

 と言いました。

 私は、「なぬ、そんなのを数えていたのか」と思いました。他の受講生も思っていたと思いますが、それを見透かしたように講師さんは、言いました。

 「今のは、『えー』を数えていたわけではありませんよ。フォトリーディングというものを皆さんご存知ですか?」

 なんと、その講師さんは、受講生の発表をフォトリーディング(写真のように記憶)していて、受講生から『えー』が口ぐせだと聞いた後、その記憶を再生して『えー』の回数を数えたというのです。

 なななんと!フォトリーディングってそんなことも可能なのか・・・ますます超能力じみている。。。

スポンサーリンク

 

 その講師先生は、自分はスイッチを入れている時しかフォトリーディングできないからまだまだだ、しっかり習得している人は、普段からあらゆる場面を後になって再生できる人がいる、と言っていました。もはや仙人級・・・!

 刑事さんには、こういう「場面を記憶する力」が身についている人は多いらしいです。犯行現場とかを記憶しておいて、後で「あれはここにあったな。あれはああいう状態だったな」と考えるんでしょうね。探偵になるなら必須かも。

 

 私は今までこういう能力は、「瞬間記憶能力」「カメラアイ」といって、先天的に身についてしまっている「共感覚」とか「絶対音感」とかそういう類だと思っていました。

 しかし、講師先生の談によると、後天的に身に付けられる能力であるとのこと。。。

 そんな能力が本当に身に付けられるものなら、身に付けてみたいものですよね。せめて、速読力が少しでもUPすればいいなと、読書日記ブログをやっている身としては思う今日この頃です。

 さっそく「フォトリーディング」に関する本を買ってきましたので、少しでも身に付けることができたら、このブログで報告したいと思います。

 お楽しみに!


YouTubeではゲーム実況プレイ動画を配信しています。よろしければこちらもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCAFBZLn6lYWy_HA_KpW5PeA

ツイッターで更新情報をお伝えしていますので、よろしければフォローをお願いします。

ブログ用

YouTube用

Pocket

スポンサーリンク