古本屋さんで購入した本をメルカリで売るとほぼタダで本が読める!!

Pocket

 

 どうも、塩ラーメンです。

 私は、読書が趣味なので、本をよく買いますが、新品を何冊も買っていると、出費がバカになりません。

 そこで、メルカリで読み終わった本を売ることにしたのですが、上手くやると、本をタダで読めることに気づきました!

[2018年6月12日現在の内容です。〕

 

本をほぼタダで読むには

 

 タイトルのとおりですが、古本屋で購入した本を、読んだあと、メルカリで売ることで、結局ほぼ出費ゼロで本を読むことができます。

 詳しく説明すると、まず、古本屋で、100円の本を購入します。

 100円コーナーでも、結構気になる本はたくさんあります。本は古くても面白かったり、勉強になるものがたくさんありますよね!

 古本屋の100円コーナーで購入した本は、同じく古本屋で買取してもらっても、ほとんど値が付きません。

 1円とか、よくても10円くらいです。

 値が付かないと言われることもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 ところが、古本屋で売っても1円にしかならないような本でも、メルカリで売れば、もとを取れることがあるのです!

 古本屋で100円コーナーの本を購入したあとですが、読み終わったら、メルカリで出品しましょう。

 メルカリで付けられる最低価格は300円です。

 じゃあ、売れれば300円引く100円で200円の収益!?

 ところがどっこい、そうはなりません。

 まず、メルカリの販売手数料が販売価格の10%付くので、この場合、30円引かれます。

 次に、発送手数料の負担があります。

 たいてい、発送料は出品者側が負担します。(相手負担に設定してもいいですが、その場合、全く売れないでしょう。)

 2018年6月12日現在の最低発送料は、ゆうゆうメルカリ便の175円です。

 

 300円-30円-175円=95円

 

 古本屋で購入した100円の本を、メルカリの最低価格で販売した場合の出費は、

 100円-95円=5円

 そう、たったの5円なのです!!

 うまい棒より安く、本が読める!こんなにうれしいことはない( ;∀;)

 

上手くやれば、利益が出る(それがメルカリ転売)

 

 上記の方法で、最終的に5円で本が読めることが、お分かりいただけたと思います。

 さらに上手くやれば、5円の出費をなくすことができます。そしてさらに上手くやれば、なんと利益が出てしまいます!!

 ちなみにですが、この記事は、「安く買った本はさっさと売っちゃえば結局ほぼタダで本が読めるよ」という情報をメインにお伝えしたい記事なので、メルカリ転売をオススメする内容ではありません。

 私も、読みたい本を読み終わったあと、本棚にしまっておくより、次に読みたい人にお譲りする方が、私のお財布と本がWin-Winで良いなと思っているだけで、利益目的のメルカリ転売はやっていません。

 

 それでは、利益を出す方法についてです。

 

高く売れる本を探す

 

 単純なことですが、読みたい本を古本屋で探すとき、より高く売れる本を選びましょう。

 100円コーナーの中でも、メルカリで300円でも売れない本と、300円より高く売れる本と、あります。

 上の式を見ていただくとわかるとおり、305円で売れる本ならタダになりますし、306円より高く売れる本なら、その分、利益が出るのです。

 306円より高く売れる本の中から、読みたい本を探せば、メルカリで売ったときに、利益が残ることになります。

 

 実際は、その本がいくらで売れるかを判別するのは難しいので、簡単に選べるわけではありません。

 補助ツールとして、「メルカリカウル」というアプリを使ってください。

 メルカリカウルは、メルカリでの出品を補助するアプリです。

 バーコード読み取りで、その商品の販売履歴や現在の最低出品価格などから、「これくらいの価格なら売れるんじゃない?」という価格を教えてくれます。

 この価格が、306円以上なら、利益が出ることを期待できます。

 

 ただ、期待できるだけで、出品しても売れないこともあります。

 なので、読みたい本を読むことと、利益を出すことが目的の転売は、両立しません。

 たまたま、高く売れて、利益が出ることもある、ということです。

 

 利益を出すことが目的の転売のためにやるのであれば、最初から読みたい本ではなく、販売価格が高い本を探して購入することになります。

 私の感触では、金融系の本は、高く売れることが多いです。

 その辺のノウハウは、ほかのサイトや本を見ていただければと思います。

 

メルカリカウルで出品価格を調整する

 

 利益目的ではなくても、出品価格を設定するときは、「メルカリカウル」を利用して、設定しましょう。

 メルカリカウルは、上記のとおり、ちょうどよく売れそうな価格を教えてくれる便利な機能があります。

 メルカリカウルが算出してくれる価格が、300円より高ければ、その価格で出品しましょう。

 1律300円で出品したり、自分で考えた価格を設定するより、売れる率や利益、手間暇などを総合して勘案すると、一番いいと思います。

 

 

 読書が趣味で、自宅に本がたくさん置いてある人も、捨てたり、古本屋で売るより、メルカリで売った方が断然お得ですよ。

 ぜひ、お試しください。

 

Pocket

スポンサーリンク