きつい上司と上手く付き合う方法

Pocket

 

皆さんの職場に、「きつい上司(または先輩)」はいますか?

私の経験してきた中では、必ずいました。

きつい上司に感情的な物言いをされると、心が傷つきますよね。

そんな、心を傷つけてくる上司と、どう付き合えばいいのかについて書きます。

上司(あるいは先輩)を対象にしていますが、それ以外の関係の人でも該当する内容です。

 

 

相手を変えることはできない

 

まず、「相手を変えることはできない」と知ることが大事です。

感情的に批判されると、つい、「そんなに言うことないじゃないか」とか「そういうこの人だって悪いところがある」など、反発して相手を批判することを考えてしまいがちです。

防衛本能のようなもので、批判は攻撃ですから、つい臨戦態勢をとってしまいます。

その臨戦態勢は、相手にも伝わるもので、そうなると相手の感情的な批判はミスチルの「Tomorrow never knows」くらいとどまることを知らなくなるでしょう。

例えばカーッときて喧嘩している時を想像してみてください。(私は経験ありませんが)

どんなに殴ってもファイティングポーズを取ってくる相手のことは、殴り続けねば!と思うと思います。

逆に、喧嘩しようという姿勢をとらない相手のことを殴り続ける気にはならないはずです。

私の職場には、周りからきつい人と言われ恐れられている上司がいます。

しかし私は、その上司に呼ばれた時はもう最初っから白旗を振りながら「いや〜そうですよね〜私もそこがダメだと言われるとおもいつつだったんです〜」という姿勢で行くので、そのきつい上司が他の人に対するほどきつい姿勢を私を向けることはありません。

これは職場でだけ言えることではなく、人間心理の真髄ですが、負の感情を向けてくる人に対しては、反発しても解決しないものです。

相手を変えることはできないのですから、そこは自分が負けて、状況の改善に努めるのが最善の一手なのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

相手を承認する

 

人がきついことを言ってくるのは、その人の心の中にも何かしらそのままでは解消されない「ストレス」があることを理解しましょう。

そのストレスが何に起因しているものなのか、ということになってくると、人間心理は複雑なもので、それを完全に察することは不可能と言っていいほど難しい場合がほとんどです。

理解するのは、「この人もストレスを抱えて悩んでいる」ということだけで十分です。

「相手にも事情がある」という認識が、相手を承認するための基本の構えです。

その基本の構えをとったうえで、「お気持ちはわかります」と承認されると、人は嬉しいものです。

きつい上司以外にも、例えば夫婦喧嘩やクレーム対応などで、相手が自分の悪いところを一心不乱に言い立ててくる場面でも、この基本の構えから繰り出す承認は効果的です。

「そうですよね。こんな悪いところがあったら、嫌ですよね。わかります」

と、相手の気持ちを承認します。

感情的に批判しようとした相手から承認され るというのはどういう感じかというと、

「絶対コロス」という意気込みでリングに上がったのに、いつの間にか敵が自分のセコンドについていた、というような感じです。

大事なのは、自分を承認してくれる人を責め続けることはできないということです。

 

上司に期待しない

 

きつい上司に批判されると「人を管理する立場にいる人があんな言い方するなよ」というように考える人がいます。

それは、ある意味で「期待」と言えます。

この人はこうあるべき。

この人は自分よりこうなんだから、自分に対してこうあるべき。

という、勝手な期待です。

期待があれば、当然それにそぐわなかった時に、批判が生まれます。

自分の中に相手に対する批判があると、相手も批判を引っ込めないというのは、前述の通りです。

これも人間関係全般に言えることですが、相手の役割を期待するのは損な考え方です。

だって、期待に沿ってても当たり前、期待にそぐわなきゃマイナス感情が生まれる、といったマイナスにしかならない思考なんですから。

ただただ、この人はこういう人なんだと受け入れられるようになりましょう。

 

まとめ

 

相手の悪いところや間違った行動を感情的に批判したり責めたりすることで、相手がその部分を改善すると考えるのは大きな間違いです。

人間の心はそういう風にはできていないのです。

それを、きつい上司にも学んで欲しいと思うところですが、上司にそれを期待するのも、やはり間違い。

結局、相手は変えられない。変えられるのは自分だけということを前提に行動しましょう。

 

参考書籍

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

動画系以外の記事は、隔日午後7時に定期投稿していきます。

感想・意見・指摘などは、コメントに残していただけるとありがたいです。

ツイッターで、ブログの更新情報などお知らせしています。

https://twitter.com/saltramen_book

それでは、また別の記事でお会いしましょう。

 

Pocket

スポンサーリンク